中国の医薬品業界は、コロナ・ウイルスの常態化に伴って社会の関心も高く、給料面でも高水準をキープしています。他業界と比較した医薬品業界の業界環境ですが、特徴点はスクラップ・アンド・ビルドの進行であって、二点あげられます。まずはジェネリック企業の淘汰・生産設備過剰の解消、そしてイノベーションの推進です。かかる背景の下、新薬、バイテク、受託業界(CRO, CMO, CSO)が注目されています。

そういったホットな環境下、医薬品業界内で転職する場合には、転職時の給料は20%アップ以上が一応の目安になっているようです。

給料の上昇率(2019年~2021年)

給料の上昇率

特にコロナ問題が発生した2020年の第一四半期以降、給料の上昇率は増加しており、2021年第一四半期には20%近い増加率となっています。

転職時の給料上昇率

北上深(北京、上海、深セン)では、転職時の給料上昇率が40%を超えており、それ以下、都市別のGDPランクとほぼ同じ順位となっています。

従業員の新規募集の際の給料等 / 都市比較

求人数は上海が群を抜いており、また給料の額についても北上深の3地域がトップ3を占めています。ただ先進国の医薬品業界の企業の給料と比較するといまだにかなり見劣り感があります。医薬品産業は今後の発展が見込まれていることから、従業員の給料も長期にわたって上昇を続けるであろうと見込まれています。なお、中国の新薬R&D・ビジネスは欧米の多国籍企業等での職務経験を経て中国に戻ってくるreturnee(海亀)が核となっていますが、彼らの給与水準は上記のレートとは別建てとなっています。returneeは、個人(米国時代の同僚等)ルートによる紹介、多国間を繫ぐ専門のリクルート会社を経由して、北上深の医薬品企業等に就職されています。今後、日本のエキスパートが中国で働かれるようになる日も近いと感じています。

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *